催し物

【満員御礼】ギャラリートーク&スペシャルサイン会

期 間 : 2022年03月19日(土)

会 場 : 3階ホール ※会場変更

内 容 :

展示作品や創作秘話、趣味のことなどを自ら語る”スペシャルトーク”。トーク後はサイン会もあります!

ペインティングパフォーマンス

期 間 : 2022年03月26日(土)

会 場 : 3階ホール

内 容 :

雨月衣さんが文学館でウォールペインティングを敢行!創作を間近で見られる特別な時間。どんな作品になるかはお楽しみ。YouTubeでもライブ配信予定!

豚と自転車 真下章・梁瀬和男の人と作品 朗読と講演会

期 間 : 2022年01月30日(日)

会 場 : 前橋文学館3階ホール

内 容 :

前橋市出身の詩人・真下章および梁瀬和男作品の朗読と講演会を行い、その人物像を立ち上がらせる催しです。

■講演 川島 完
■所感 堤 美代、藤井 浩
■朗読 萩原朔美館長、須田芳枝、関口将夫、関根由美子、薄月みどり、風便り、kuku、上月える、水科小百合 ほか

【満員御礼】鼎談「詩、からだ、未来」

期 間 : 2022年04月30日(土)

会 場 : 3階ホール

内 容 :

岸田将幸氏、藤原安紀子氏、中尾太一氏の同世代の詩人3名による鼎談を開催します。
ぜひご参加ください。

■出演:岸田将幸(第29回萩原朔太郎賞受賞者)、藤原安紀子(詩人)、中尾太一(詩人)
■先着50名
■申込方法:3月26日(土)より電話(027-235-8011)にて受付開始

==========
藤原安紀子(ふじわら あきこ)
1974年京都府生まれ。大阪芸術大学卒。大学で写真を学ぶかたわら詩に興味を持ち、卒業後に詩作をはじめる。2002年、第40回現代詩手帖賞受賞。詩集に『音づれる聲』(歴程新鋭賞)、『フォ ト ン』、『ア ナザ ミミクリ』(現代詩花椿賞)、『どうぶつの修復』(詩歌文学館賞)がある。

中尾太一(なかお たいち)
1978年生まれ。詩集に『数式に物語を代入しながら何も言わなくなったFに、掲げる詩集』『詩編 パパパ・ロビンソン』など。現在長野県在住。
==========

※新型コロナウィルスの感染拡大状況によって、開催や内容が変更となる場合があります。
ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

岸田将幸『風の領分』を読む【前橋文学館YouTubeチャンネルライブ配信での開催に変更】

期 間 : 2022年03月05日(土)

会 場 : 2月11日変更追記【前橋文学館YouTubeチャンネルでのライブ配信となりました】

内 容 :

※2月11日変更追記※
群馬県へのまん延防止措置適用期間の延長を受け、前橋文学館YouTubeチャンネルでのライブ配信での開催に変更となりました。
当日はぜひライブ配信をご覧ください。

第29回萩原朔太郎賞受賞作『風の領分』を萩原朔美館長をはじめ県内で活躍中の役者たちによる朗読です。
ぜひご参加ください。

■出演:萩原朔美、淺原美佐、生方保光、大月伸昭、亀井 優、山屋寿徳(ピアノ)
■先着50名 ※ライブ配信に変更となったため定員なし(2/11追記)※
■申込方法:2月5日(土)より電話(027-235-8011)にて受付開始 ※申込み不要(2/11追記)※

※新型コロナウィルスの感染拡大状況によって、開催や内容が変更となる場合があります。
ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

第29回萩原朔太郎賞贈呈式

期 間 : 2021年10月30日(土)

会 場 : 前橋文学館3階ホール

内 容 :

詩集『風の領分』で第29回萩原朔太郎賞を受賞された岸田将幸氏をお迎えし、贈呈式と記念イベントを行います。

朔太郎音楽祭2021マンドリンオーケストラ演奏会

期 間 : 2021年10月17日(日)

会 場 : 昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)

内 容 :

~マンドリンのまち前橋~朔太郎音楽祭2021
マンドリンオーケストラ 演奏会を10月17日(日)に開催いたします。

先着600人

申し込み方法は往復はがきに住所・氏名・電話番号を記入し、前橋文学館内朔太郎音楽祭実行委員会事務局(前橋市千代田町三丁目12-10)宛にお送りください。
はがき1枚に4名分の申込みが可能です。

作家口上

期 間 : 2021年10月09日(土) ~ 2022年01月16日(日)

会 場 : 2階企画展示室、3階オープンギャラリー

内 容 :

「ああ これはなんという美しい憂鬱だろう~ムットーニのからくり文学館」展関連イベントとして、ムットーニ自らが、展示作品についてご案内します。


対談「ああ これはなんという美しい憂鬱だろう」

期 間 : 2021年12月04日(土)

会 場 : 3階ホール

内 容 :

「ああ これはなんという美しい憂鬱だろう~ムットーニのからくり文学館」展関連企画として、武藤政彦氏と、俳優で「風船乗りの夢」などムットーニ作品の朗読をされている笠原拓郎氏をお迎えし、作品の制作秘話や、鑑賞のポイントなどを映像をまじえてお話いただきます。

※中止になりました 朔太郎音楽祭2021 青山忠マンドリンアンサンブル 弦色浪漫in前橋

期 間 : 2021年09月11日(土)

会 場 : 前橋文学館3階ホール

内 容 :

※8月20日(金)より前橋市に適用されたまん延防止等重点措置を受け、催しは中止になりました。


 前橋文学館で朔太郎音楽祭「青山忠マンドリンアンサンブル弦色浪漫in前橋」を9月11日に開催。青山忠さんによるマンドリン四重奏を前橋文学館にて行います。先着50名。
チケットは前橋文学館にて発売中です。またお電話でのお申し込みは前橋文学館(027-235-8011)まで。
また、同日12時からは学生を対象としたスチューデントコンサートも開催します。

※新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、イベントを中止する可能性がございます。

▲TOP