催し物

夏の夜会in前橋文学館

期 間 : 2021年08月28日(土)

会 場 : 文学館 3階ホール

内 容 :

普段は見ることができない閉館後の文学館で、大人も子どもも一緒に夏の夕べを楽しむ「夏の夜会in前橋文学館」を特別開催。少しずつ暗闇に包まれていく文学館の中で起こる「非日常」を体験することができます。恐怖が訪れるのか、または楽しい笑いに包まれるのか…。当日ご来館された方にしかわからない「ミステリー」なイベントと文学館をお楽しみください。

わくわくいきものカーニバル

期 間 : 2021年07月17日(土) ~ 2021年09月05日(日)

会 場 : 文学館 3階ホール

内 容 :

参加型お話会「わくわくいきものカーニバル」では、「話を聞く」だけではなく、子どもたちが一緒に参加しながら「言葉の表現」について学び、親しむことができます。日本語は他言語と比べ、このオノマトペ(擬態・擬音語)語彙が多いと言われ、日本人の繊細で表現の豊かさがみてとれます。萩原朔太郎はこのオノマトペの使い手でもありました。楽しく学びのあるイベントを通し、子どもたちが日本語表現について触れるきっかけにしてもらえればと考えています(小さなお子さんの参加も大歓迎!)。

木工教室

期 間 : 2021年08月21日(土)

会 場 : 文学館 3階ホール

内 容 :

現役の家具職人でもある星野弘(星野家具制作)さんをお招きして、楽しい木工作品に挑戦します。子どもたちが自分の力で最後まで作れるよう、先生が上手に作るコツを教えてくれます。
便利なものに取り囲まれ、最近は子どもたちがものつくりを経験する機会が減りつつあります。自分の力で作りきる苦労や喜びを体験し、夏休みの楽しい思い出を増やしてもらいと思います。そして、夏休みの宿題の一助としてもお役立てください。

モザイクタイル工作

期 間 : 2021年07月10日(土)

会 場 : 文学館 3階ホール

内 容 :

「モザイクタイル」とは、タイル1枚あたりの面積が50平方センチメートル以下のタイルのことを指します。色や形、材質も様々なため、家の内装やタイルクラフトで人気となっていて、今回はこのタイルで工作をします。
ご指導をしてくださる先生は、なんと「群馬県タイル煉瓦組合」の職人さん! 1時間程度で作れるイベントですが、職人さんが教えてくれるので、楽しみながら、しかも一流の技を垣間見ることができます。夏休みの自由工作にも最適!

第49回朔太郎忌 月に吠えらんねえin前橋 朔くん×朔太郎 ※開催日と会場が変更となりました

期 間 : 2021年07月03日(土)

会 場 : ※変更になりました 前橋テルサ ホール(前橋市千代田町2丁目5-1)

内 容 :

■第1部 リーディングシアター『月に吠えらんねえ』
【原作・原画】清家雪子(漫画家・『月に吠えらんねえ』作者)
【脚本】栗原飛宇馬(文学研究者)
【演出】荒井正人
【音楽】荒木聡志
【出演】柳沢三千代(声優)福原美波(声優)手島実優(俳優)西村俊樹(声優)萩原朔美(前橋文学館館長)

■第2部 対談『月に吠えらんねえ』に『吠えたンねえ』
【出演】清家雪子&松浦寿輝(詩人・作家・東京大学名誉教授・萩原朔太郎研究会会長)

被災地から受け取る・朗読&音楽セッション

期 間 : 2021年03月14日(日)

会 場 : ※強風のため、前橋文学館3階ホールに会場を変更して開催します。

内 容 :

「3・11文学館からのメッセージ・昨日よりも優しくなりたい‐東日本大震災から10年が経過し、詩人は今何を想うのか」に関連して、詩の朗読イベントを開催します。
和合亮一さんをはじめとする福島の詩人たちの詩やメッセージを、朗読と音楽でお届けします。
出演は新井隆人さん(詩人)、芽部、萩原朔美(前橋文学館長)ほか

第28回萩原朔太郎賞贈呈式

期 間 : 2020年10月31日(土)

会 場 : 前橋文学館3階ホール

内 容 :

第28回萩原朔太郎賞贈呈式を開催します。
詩集「雨をよぶ灯台」で第28回萩原朔太郎賞を最年少受賞したマーサ・ナカムラさん。
賞の贈呈のほか、最年少での受賞となったマーサさんの記念講演も行います。
また、当日の様子はインターネットで同時配信予定です。
詳しくは後日ご案内いたします。

前橋原風景展

期 間 : 2020年10月15日(木) ~ 2020年10月18日(日)

会 場 : 昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館小展示ホール)

内 容 :

写真家の井上道夫が撮影した昭和30年代の前橋をパネルで展示します。

朔太郎音楽祭2020

期 間 : 2020年10月18日(日)

会 場 : 昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館大ホール)

内 容 :

青山忠さん指揮で高校生とプロがマンドリンアンサンブルを演奏。詩の朗読とテノール歌手・近野桂介さんによる朔太郎詩の独唱もあります。前橋原風景展も同時開催。
■一般300人(抽選)。
9月27日(日)までに往復ハガキで。住所・氏名・電話番号を記入し、〒371-0022千代田町三丁目12‐10前橋文学館へ

豚と自転車 真下章・梁瀬和男の人と作品 朗読と講演会

期 間 : 2020年05月23日(土)

会 場 : 前橋文学館

内 容 :

■出演
講演:川島完さん(詩人)、堤美代さん(詩人) 他

※こちらのイベントは延期となりました。詳細な日程が決まり次第、当ページよりお知らせします。

1 / 1112345...10...最後 »

▲TOP