年報・館報

館報

タイトル 講演者名 号数
「詩人という名の私」谷川俊太郎館報01号
「川のある町」清水哲男館報01号
「朔太郎と私」那珂太郎館報02号
「「眠る男」と朔太郎」正津勉館報03号
「献呈署名の古い自著」伊藤信吉館報04号
「詩と山の遍歴」 秋谷豊 館報05号
「自転車と海」辻征夫館報06号
「文学の現在」 秋山駿 館報07号
「個展開催とダンス」萩原葉子館報07号
「私の萩原朔太郎体験から」中村稔館報08号
「初心者のための楽しい俳句教室」(要約)中里麦外館報11号
「脳の中の美術館」(要約) 布施英利館報12号
「詩人という井戸」安藤元雄館報13号
「朔太郎の郷愁について」辻井喬 館報15号
「狂気と日本文学-朔太郎への一視点」 三浦雅士 館報18号
「現代詩における 『梢にて』 の位置」江代充・平出隆館報19号
「現代詩・私・未来」新井啓子・井上敬二・大橋政人・富沢智館報20号
「朔太郎への関心」高橋英夫 館報22号
「萩原朔太郎雑感-「浦」 について-萩原朔太郎論のための試み-」中村稔 館報24号
「朔太郎と口語自由詩」近藤洋太館報26号
「朔太郎と『異国』」安藤元雄 館報28号
「とげ抜き」伊藤比呂美 館報29号
「萩原朔太郎の戦後」小田久郎館報30号
「萩原朔太郎の女性像」高橋順子館報33号
「朔太郎とわたし」小池昌代 館報34号
「カメラマン萩原朔太郎は何を見たのか―萩原朔美が語る、祖父・萩原朔太郎の撮影写真―」 萩原朔美 館報35号
「草野心平のこと、あれこれ」平田俊子   館報36号
「萩原朔太郎と室生犀星-「萩原君に感謝す」と「我が草の記」をめぐってー」 星野晃一 館報37号
「世界のいま、詩のいま」福間健二館報38号
「私が体験した忘れられない前橋のこと」萩原朔美 館報39号
「はじまりはじまる―詩と音楽―」佐々木幹郎・小室等 館報39号
「萩原朔太郎初期詩篇の魅力」高橋順子・北爪満喜 館報40号
「ブタのレリーフの由来」入沢康夫館報40号
「詩碑、わが知らぬ想い出」財部鳥子館報41号
「廣瀬川のほとり」安藤元雄  館報42号
「没後十年 萩原朔太郎の娘、葉子さんとのふれあい」光山富士子館報43号
「孫が語る萩原朔太郎」萩原朔美・三浦雅士館報43号
「朔太郎・暮鳥の詩的出発をめぐって」竹本寛秋館報43号
「中也と朔太郎の世界」佐々木幹郎・建畠晢 館報43号
「孤独な窃視者の夢想―乱歩と朔太郎」谷川渥 館報44号
「猟奇な二人の病気な話」栗原飛雄馬・萩原朔美・平井憲太郎・安智史館報44号
「日々の文に触れて」日和聡子館報44号
「俳句とフィクション」清水哲男館報44号

▲TOP