企画展関連イベント

7月17日(日)かわなかのぶひろ作品上映会②

内 容 :

企画展開催を記念して、かわなかさんの作品上映会を開催します。
上映会は、全4回です。ぜひご来場ください。

会場:前橋文学館3階ホール
各日先着30名/当日11時から整理券配布/事前申込不要

【かわなかさんご来場予定!】

7月17日(日)14時~

上映予定作品

1.「私小説」8分15秒/1987年(デジタル版)
「画家が毎日デッサンするように、見たもの、感じたことを毎日カメラに収める」というアプローチで撮影し制作された作品。少年時代に手がけた絵日記のスタイルで10年あまり、ほぼ毎日撮りつづけた8ミリフィルムが『私小説』のベースとなっている。

2.「いつか来る道」32分/2001年(デジタル版)
20世紀中に死ぬにちがいないと信じ、公言していた作家が、21世紀を迎えたことを機会に、自分が辿ってきた道を映像で振り返ってみようと考え製作された作品。映像作家の辻直之氏のイラストと、動かない写真をメインに、いかにして動きのイリュージョンをつくりだすかがポイントになっている。

3.「経路 route」31分39秒/2015年(デジタル版)
2015年前後、親しくしていた人々が相次いで鬼籍に入るようになったこと、作家自身が経験した胃癌、声帯を失う大手術を契機として製作された作品。「それからほぼ毎年追加手術を繰返す瀬戸際人生が生み出した、これは‟風景”です。」

4.「時の繪ふたたび」25分48秒/2017年(デジタル版)
1997年、ミャンマーを旅して撮影した『時の繪』(1998)が、2015年にミャンマーの映画祭で公開され、翌年にかわなか氏が映画祭に招待された。そこで、当時と同じビューファインダーを開いて相手に見せながら撮影するという方法で撮影された作品。

・上映作品は変更になる場合がございます。
・新型コロナウイルス感染拡大状況によっては、開催内容を変更する場合がございます。


※感染予防対策にご協力をお願いします※
マスク着用、体温測定、手指消毒にご協力をお願いいたします。

8月13日(土)かわなかのぶひろ作品上映会③

内 容 :

企画展開催を記念して、かわなかさんの作品上映会を開催します。
上映会は、全4回です。ぜひご来場ください。

会場:前橋文学館3階ホール
各日先着30名/当日11時から整理券配布/事前申込不要

【かわなかさんご来場予定!】

8月13日(土)14時~

上映予定作品

「断章―寺山修司をゆりおこせ」90分/1984-2016年(デジタル版)
「私は肝硬変で死ぬだろう。そのことだけは、はっきりとしている」と、かねてから明言していた寺山修司はその言葉通り1983年5月、47歳という若さで亡くなった。ぼくはその日、逝去の報を受けて阿佐ヶ谷にいながら、近所の病院に駆けつけず、テレビのニュース番組をひたすら追いかけていた…。(イメージフォーラム・フェスティバル公式カタログより)

・上映作品は変更になる場合がございます。
・新型コロナウイルス感染拡大状況によっては、開催内容を変更する場合がございます。


※感染予防対策にご協力をお願いします※
マスク着用、体温測定、手指消毒にご協力をお願いいたします。

大手拓次を読む-こえはあさつゆのきえるけはい

内 容 :

薔薇の詩人と呼ばれる大手拓次の詩を、声にのせてお届けします。
出演:群馬県内の高校生、芽部、萩原朔美(前橋文学館館長)
申込:先着50名、7月23日(土)より電話(027-235-8011)にて

9月11日(日)かわなかのぶひろ作品上映会④

内 容 :

企画展開催を記念して、かわなかさんの作品上映会を開催します。
上映会は、全4回です。ぜひご来場ください。

会場:前橋文学館3階ホール
各日先着30名/当日11時から整理券配布/事前申込不要

【かわなかさんご来場予定!】

9月11日(日)14時~

上映予定作品

「つくられつつある映画」87分/2005年(デジタル版)
2005年に行われたライブ映像パフォーマンスの記録を中心に作家のこれまでの人生や製作してきた作品、思い入れ深い新宿ゴールデン街で撮影された映像などが加えられ編集された作品。

・上映作品は変更になる場合がございます。
・新型コロナウイルス感染拡大状況によっては、開催内容を変更する場合がございます。


※感染予防対策にご協力をお願いします※
マスク着用、体温測定、手指消毒にご協力をお願いいたします。

▲TOP