施設案内

前橋文学館について

 詩人萩原朔太郎は口語自由詩を確立し、近代詩史に大きな足跡を残しました。他に平井晩村、高橋元吉、萩原恭次郎、伊藤信吉ほか多くの詩人を輩出した前橋は「近代詩のふるさと」と言われています。前橋文学館は、これら詩人たちの資料を展示し、特に朔太郎資料は原稿など全国一の質と量を有します。

 また常設展のほか企画展が多く開かれ、前橋市が贈る萩原朔太郎賞の受賞者展も行っています。館周辺の広瀬川河畔緑道には多くの詩碑があり、格好の文学散歩コースとなっています。

 

常設展示室

朔太郎展示室

朔太郎展示室では前橋が生んだ近代詩の巨星・萩原朔太郎の生涯や業績、趣味や友好関係などを、ノート、自筆原稿、書簡、著書、雑誌、写真、書跡、愛蔵品により紹介しています。また、「詩のステージ」では朔太郎詩の朗読が映像とともに楽しめ、また朔太郎自身による朗読も聞くことができます。

映像展示室

映像展示室では、「萩原朔太郎 詩と生涯」(18分)や「前橋の風土と文学」(18分)をはじめ複数の映像資料を大画面でお楽しみにいただけます。

また、ムットーニによるボックスシアター「殺人事件」(詩:萩原朔太郎)もご覧いただけます。

その他

 1階から2階へ上がる階段には萩原朔太郎をはじめ、前橋ゆかりの詩人たちの詩を「詩の小窓」で楽しむことができます。また、館内にはいたるところに朔太郎の詩が壁面等に描かれております。館外においては、新収蔵庫の南壁面に「こころ」(詩:萩原朔太郎)、東壁面に朔太郎がデザインしたマークを掲示しています。

 

▲TOP