萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

前橋文学館

企画展・催し物

企画展

ヒツクリコガツクリコ ことばの生まれる場所

ヒツクリコ、ガツクリコ 
萩原朔太郎は夜の街を詩人が歩いていく様子を「憔悴するひとのあるく路・夕焼けの路(前橋市民に捧ぐる詩)」という未発表作品の中でこのように記しています。
本展では、文学と美術の表現を「ことば」という切り口からご紹介します。描かれた一つの線が絵や文字となり、そして美術や文学となるように、言葉は常に私たちの生きることのそばに存在しているものです。私たちは「ポスト真実」と呼ばれる危機の時代に直面しています。そのような社会的コンテクストの中で、過去のそして現在の時代の空気を芸術家や詩人たちが、個人の身体感覚を通じてどのように捉え、世界と対峙しているのかをぜひ感じていただきたいと思います。

期 間:2017年10月20日(金) ~ 2018年01月16日(火)
会 場:前橋文学館(群馬県前橋市千代田町3-12-10)/アーツ前橋(群馬県前橋市千代田町5-1-16)
時 間:前橋文学館 9:00~17:00(入場は16:30まで)/アーツ前橋 11:00~19:00(入場は18:30まで)
観覧料:共通観覧券 一般 700円 / 学生・65歳以上・団体(10名以上) 350円 その他会期中割引あり/ 高校生以下無料

参加作家
 【前橋文学館】
足立智美/浦上秀樹/oblaat/北園克衛/草野心平/白石慶子/新国誠一/ni_ka/東宮七男/萩原恭次郎/萩原朔太郎/福田尚代/文月悠光/Maniackers Design/ムットーニ/山村暮鳥
 【アーツ前橋】
荒井良二/大澤雅休/大澤竹胎/オノ・ヨーコ/河口龍夫/河原温/フランチェスコ・カンジュッロ/ジョン・ケージ/塩見允枝子/クルト・シュヴィッタース/鈴木ヒラク/トゥッリオ・ダルビゾラ/トリスタン・ツァラ/TOLTA/ベン・ヴォーティエ/ジョージ・マチューナス/フィリッポ・T.マリネッティ/ミヤギフトシ/山川冬樹/横堀艸風

学芸員による展示解説を11月18日(土)13:30~、12月10日(日)15時~、1月13日(土)13:30~に行います。観覧券をご購入の上、2階展示室にお集まりください。
10月20日(金)、10月28日(土)、1月9日(火)は無料開館日となっています。

催し物

阿部智里さん×萩原朔美館長のトークイベント「言葉とは、魔法使いの杖なのだ」

〈若い芽のポエム〉20年記念展・記念トークとして、作家・阿部智里(あべ ちさと)さんと萩原朔美館長のトークイベントが開催されます。
2012年、史上最年少の20歳で松本清張賞を受賞した、前橋出身の阿部智里さんは、「第9回詩のまち前橋 若い芽のポエム」中学生の部・美棹賞(金賞)受賞していらっしゃいます。
阿部さんがファンタジー作家になるまでや、昨年第6弾で第一部が完結した「八咫烏(やたがらす)シリーズ」について、若い芽のポエムの思い出、故郷前橋についてなど、萩原朔美館長が様々なお話を伺います。
(写真提供・文藝春秋)

期 間:2018年02月11日(日)
会 場:前橋文学館3階ホール
時 間:開演14時(開場13時30分)
入場料:無料

お問い合わせ・お申し込みは1月5日(金)から、お電話で前橋文学館まで。(027-235-8011)
定員100人

▲TOP