萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

前橋文学館

企画展・催し物

企画展

サクタロウをアートする―解釈の快楽―

萩原朔太郎の詩は、これまで文学だけでなく、後世のアート作品にも影響を与えて続けてきました。
本展では、朔太郎の詩およびその他の作品にインスパイアされて作られたアート作品を展示します。朔太郎作品がアーティストたちにどのように受け止められ、解釈され、表現されているかをご覧いただくと共に、文学とアートの出会いによって生じる豊かさと、今後どのように展開していくのか、その可能性を考えます。
<展示作品>アニメーション、刺繍、オブジェ、写真、版画、ドローイング、コラージュ、音楽作品など。


期 間:2018年07月28日(土) ~ 2018年10月14日(日)
会 場:2階展示室・3階オープンギャラリー
時 間:9時〜17時 ※入館は30分前まで
観覧料:一般400円(朔太郎展示室もご覧いただけます)、3階オープンギャラリーは無料、高校生以下・障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料

・水曜休館
・観覧無料の日は7月28日(土)(展覧会初日)、9月1日(土)(開館記念日)、9月8日(土)・10月8日(月)(記念イベント開催日)、10月6日(土)・7日(日)(前橋まつり)
・学芸員による展示解説は8月11日(土・祝日)、9月1日(土・観覧無料)、10月6日(土・観覧無料)各日とも13時30分〜14時30分。観覧券をご購入の上、2階展示室にお集まりください。

催し物

開館25周年記念コンサート「ぽつねん 中也、朔太郎、俊太郎をうたう」

伝説の電子楽器「オンド・マルトノ」の世界的演奏家で、異色の個性派ボーカリストとしても活躍中の原田節さんと、ノンジャンルで多彩な作曲と演奏が冴え渡るジャズピアニストの谷川賢作さんがタッグを組んだユニット『孤独の発明』。中原中也、萩原朔太郎らの近代詩をテーマに作り上げる、せつなくも心温まるエスプリに富んだコンサート。前橋では初の公演です。
【曲目】旅上 天景 湖上 ぽつねん あばずれ女の亭主が歌った  他

期 間:2018年09月17日(月)
会 場:前橋文学館 3階ホール
時 間:14時~(開場13時30分)/18時~(開場17時30分)
参加料:観覧券(400円)

各回先着100人。8月4日(土)午前9時より電話で予約受付開始 027-235-8011まで
当日は開館時間を20時まで延長します。観覧券(400円)をご購入のうえ、ホールにお越しください。

▲TOP