萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

前橋文学館

企画展・催し物

企画展

この二人はあやしい

〈2階企画展示室〉 芥川龍之介と萩原朔太郎 ―アフォリズムにみる5つのターム―
〈3階オープンギャラリー〉 『月に吠えらんねえ』龍くんと朔くん篇

 芥川龍之介と萩原朔太郎。小説と詩というジャンルの違う文学者であった二人ですが、芥川が亡くなるまでの数年間は、近所に住むなど、交流がありました。
今回の企画展ではそんな二人が多く残したアフォリズムを取り上げます。同じ主題で書かれた芥川龍之介と萩原朔太郎のアフォリズムから、そこに現れる二人の違いや共通点などを、二人の交流エピソード等とあわせて紹介します。
 また、昨年に開催して好評だった「『月に吠えらんねえ』展」の続編として、「『月に吠えらんねえ』龍くんと朔くん篇」を同時開催します。今回も多くの複製原画のほか、清家雪子さんによるオリジナル作品も紹介いたします。

期 間:2018年10月27日(土) ~ 2019年01月20日(日)
会 場:2階展示室・3階オープンギャラリー
時 間:9時〜17時 ※入館は30分前まで
観覧料:一般400円(朔太郎展示室もご覧いただけます)、3階オープンギャラリーは無料、高校生以下・障害者手帳等をお持ちの方と介護者1名は無料

〇観覧無料の日は10月27日(土)展覧会初日/10月28日(日)県民の日/11月10日(土)・12月8日(土)・12月15日(土)記念イベント開催日/1月9日(水)(前橋初市まつり)
〇学芸員による展示解説は11月3日(土)、12月1日(土)、1月12日(土)。各日とも13時00分〜14時00分に行います。観覧券をご購入の上、2階企画展示室入口にお集まりください。
〇休館日は水曜日と年末年始(12月29日(土)~1月3日(木))

催し物

講演「七匹の白蛇―萩原朔太郎と芥川龍之介」

萩原朔太郎研究会会長であり、『花腐し』にて第123回芥川龍之介賞を、『吃水都市』にて第17回萩原朔太郎賞を受賞した経歴を持つ松浦寿輝氏(詩人・小説家)をお迎えして、今回の企画展内容に併せた講演を行います。

期 間:2018年12月15日(土)
会 場:前橋文学館3階ホール
時 間:午後2時開演
入場料:無料

11月3日(土・祝日)より受付開始。お電話にて前橋文学館まで。(℡235‐8011)先着100名

萩原朔太郎関連作品新収蔵記念講演「ムットーニが語るボックス・シアター「殺人事件」」

これまでに「猫町」「題のない歌」など萩原朔太郎作品を題材とするボックス・シアターを手掛けてきたムットーニ氏。
本講演では、複雑な人形の動きとストーリー、そして光と音、装置転換、本人の語りなど、多重の要素が絡み合うボックス・シアターの世界を生み出してきたムットーニ氏自身の語りにより、最新作「殺人事件」の制作秘話を明らかにします。また、作者自身による「殺人事件」の解析とともに、犯人(曲者)は誰なのか、その謎に迫る一時間です。


期 間:2018年12月24日(月)
会 場:前橋文学館3階ホール
時 間:午後2時開演(終演午後3時)
入場料:受付にて観覧券をご購入下さい。(400円/展示もご覧いただけます)

11月27日(火)よりお申し込み開始。当館までお電話ください。(☎027‐235-8011)

前橋文学館友の会事業「人はなぜ表現するのか?〈表現の魅力を探訪する講座〉」

前橋文学館友の会では、「人はなぜ表現するのか?〈表現の魅力を探訪する講座〉」を開催します。

「人の心を震わせる文章。
それまでの生き方を変えてしまうほどの映画。
ものの見方が変わってしまう演劇。そういう表現との出会いがある。
あるいは、逆に表現することで自分を救うこともあるだろう。親しい人との別れを詩にすることで、乗り越えることも可能なのだ。
この講座は、文章、演劇、映画、写真という四つの表現を横断しながら、その特徴と魅力を紹介する講座である。
こんな見方があったのかという、驚きの発想との出会い。
いわば、表現を表現するというテーマを味わう連続講座である。」

お申込み方法等、詳しくはフライヤーをご覧ください。(11月30日(金)締め切りとなります。)

期 間:2019年01月12日(土) ~ 年月日(土)
会 場:前橋文学館3階ホール、4階研修室
時 間:13:00~14:30
参加料:フライヤーをご覧ください。

各回の内容と日にち
第1回 文章 2019年1月12日(土)
第2回 演劇 2019年2月9日(土)
第3回 映画 2019年3月9日(土)
第4回 写真 2019年4月6日(土)

定員
各回50人

講師
萩原朔美(前橋文学館館長)

▲TOP