萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

前橋文学館
「月に吠える」刊行100年記念 お知らせ

2017年09月05日 10月企画展関連イベントのお申込みが始まっています。

「ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所」展の関連イベントの申込を受け付けております。お申込いただけるイベントは、下記のものとなっています。
(1)「ヒツクリコ ガツクリコ トーク」10月21日(土)第1部/第2部
(2)「ムットーニ からくりミニシアター 上演とトーク」11月4日(土)
(3)「三角みづ紀 詩のワークショップ」11月11日(土)

それぞれのイベントの詳細につきましては「企画展・催し物」のページをご覧ください。お申し込みはお電話にて文学館まで。(それぞれ定員に達し次第締め切らせていただきます。)

2017年09月04日 第25回萩原朔太郎賞の受賞者が決定いたしました。

本日行われた選考委員会にて、第25回萩原朔太郎賞受賞者は岡本啓さん『絶景ノート』(思潮社)に決定いたしました。おめでとうございます。賞の贈呈式と記念講演についての詳細は後日改めてお知らせいたします。
岡本啓 絶景ノート

岡本 啓(おかもと けい)さん略歴

詩人。1983(昭和58)年、宮城県生。東京大学卒。2014年に現代詩手帖賞、2015年『グラフィティ』で中原中也賞とH氏賞を受賞。

2017年08月23日 第25回萩原朔太郎賞の候補作が決まりました。

候補作は下記のとおりです(発行日順)
岩阪恵子さん『その路地をぬけて』、河津聖恵さん『夏の花』、高柳誠さん『放浪彗星通信』、貞久秀紀さん『具現』、岡本啓さん『絶景ノート』、藤井貞和さん『美しい小弓を持って』
以上の6冊から、9月4日に開催される第25回萩原朔太郎賞選考会を経て、受賞作が決まります。

2017年08月20日 清家雪子さんと萩原朔美館長による対談イベント【お申込み受付を終了いたしました】

9月16日(土)の対談につきまして、定員に達しましたため、お申し込みの受付を終了いたしました。

多数のお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。

2017年08月18日 次回の企画展のおしらせです。

アーツ前橋美術館との初の共同企画となる「ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所」を10月20日(金)~1月16日(火)に開催いたします。

関連イベントも多数開催します。詳しくはこちらへ。(アーツ前橋ホームページ)

ヒツクリコガツクリコ展

2017年08月01日 「『月に吠える』詩篇 人気ランキング」の投票を締め切りました。

 

「『月に吠える』詩篇 人気ランキング」の投票を締め切りました。結果はトップページのリンクよりご確認いただけます。
この度はたくさんの投票とコメントをお寄せいただき誠にありがとうございました!

2017年07月29日 記念イベント

本日開催されます、夢枕獏さんによる講演「言葉の魔術師 萩原朔太郎」は満席となりました。

2017年06月30日 詩集『月に吠える』100年記念展・『月に吠えらんねえ』展を開催します。

 

 萩原朔太郎の第一詩集『月に吠える』。日本近代詩史における一つの事件と言えるこの詩集は、本年で刊行100年を迎えました。『月に吠える』はどのように刊行されたのか、どのような詩集だったのか、今後どのように読まれていくのか。現在まで続くその影響と意義を資料からご覧いただくと共に、『月に吠える』の世界を体感してください。(7月22日~10月9日)

 あわせて、近代詩、短歌、俳句作品をもとに創出されたキャラクターたちが□(詩歌句)街を舞台に繰り広げる、清家雪子氏のコミック『月に吠えらんねえ』展を開催します。萩原朔太郎の詩作品をキャラクター化した主人公の「朔くん」を始め、個性的なキャラクターたちによって展開される幻想的な物語を展示でご堪能ください。(7月8日~10月9日)

詳細はこちら

 

2017年05月14日 「第45回朔太郎忌」本日開催です。

本日開催の第45回朔太郎忌「どこがヤバイの?朔太郎」は、おかげさまでチケットが完売に近い状況となりました。

会場は、前橋テルサホール(前橋市千代田町二丁目5番1号)、開場は午後1時30分、開演は午後2時からとなっております。

どうぞお気をつけてお越しくださいますようお願いいたします。

2017年04月18日 「第45回朔太郎忌 どこがヤバイの?朔太郎」を開催します。

平成29年5月14日(日)に「第45回朔太郎忌 どこがヤバイの?朔太郎」を開催します。

チケットは文学館ほかで好評発売中です。遠方の方はお電話でのお取り置きも受け付けております。

詳しくは、企画展・催し物情報をご覧ください。

 

企画展・催し物のご案内

企画展が終了いたしました。

本日をもちまして、詩集『月に吠える』100年記念展および『月に吠えらんねえ』展の会期が終了いたしました。このたびはたくさんのお客様にご来館いただき、誠にありがとうございました。また、コミックス『月に吠えらんねえ』展の展示内容の一部を移動し、継続して展示していくことが決定いたしました。今後は文学館4階が詩歌句街ならぬ、詩歌句階へと変貌します。お楽しみに。

企画展の展示替えを行いました。

「詩集『月に吠える』100年記念展」は、直筆の原稿や書簡等、原資料の一部を展示替えいたしました。10月9日(月)までとなっておりますので、ぜひお出かけください。

0914おしらせ 0914おしらせ

『月に吠えらんねえ』著者・清家雪子さんと萩原朔美館長による対談イベント

 

『月に吠えらんねえ』展の関連イベントとして、コミック『月に吠えらんねえ』の著者・清家雪子さんと萩原朔美文学館長が『月に吠えらんねえ』の世界について語ります。詳しくはこちら。

第45回朔太郎忌で好評をいただいたリーディングシアターの再演を行います

 

前橋文学館特別企画展「詩集『月に吠える』100年記念展―ここからすべてが始まった」関連イベントとしてリーディングシアターの再演を行います。 詳しくはこちら。

対談「時間を生け捕る」

「萩原朔美の仕事展」の関連イベントとして、飯沢耕太郎さん(写真評論家、きのこ文学研究家)と萩原朔美館長との対談を行います。

お申し込みは、お電話(027-231-8501)で承ります。

先着100名様となりますので、お早めにお申し込みください。

期日:2017年6月3日(土)

会場:前橋文学館3階ホール

時間:14時開演(13時30分開場)

参加料:無料

萩原朔美の仕事展s

 

「萩原朔美の仕事展」を開催します。

平成29年4月15日(土)~平成29年7月2日(日)に企画展「萩原朔美の仕事展」を開催します。

詳しくは、企画展・催し物情報をご覧ください。

 

「パノラマ・ジオラマ・グロテスク -江戸川乱歩と萩原朔太郎」記念イベントを開催します。

「パノラマ・ジオラマ・グロテスク -江戸川乱歩と萩原朔太郎」の記念イベント第一弾は、11月5日(土)、美学者の谷川渥さんによる講演「孤独な窃視者の夢想-乱歩と朔太郎」。

そして第二弾は12月18日(日)、江戸川乱歩孫の平井憲太郎さんと、萩原朔太郎孫で当館館長の萩原朔美による対談「猟奇な二人の病気な話」。

お申込み方法など、詳しくは、「江戸川乱歩と萩原朔太郎」展のフライヤーをご覧ください。

(リンク先ページの下の方へお進みください。)

パノラマ・ジオラマ・グロテスク -江戸川乱歩と萩原朔太郎

10月1日(土)にオープンします。

詳しくは、フライヤーをご覧ください。(リンク先ページの下の方へお進みください。)

心にふれる手紙展

※チラシはこちらをクリックしてください。手紙展フライヤー

第44回朔太郎忌 コンサート&シンポジウム

チケット好評発売中です。

詳しくはチラシをご覧ください。

休館日

水曜日・年末年始
(祝日の場合はその翌日)

観覧時間

午前9時-午後5時

▲TOP