萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

前橋文学館
「月に吠える」刊行100年記念 お知らせ

2017年05月14日 「第45回朔太郎忌」本日開催です。

本日開催の第45回朔太郎忌「どこがヤバイの?朔太郎」は、おかげさまでチケットが完売に近い状況となりました。

会場は、前橋テルサホール(前橋市千代田町二丁目5番1号)、開場は午後1時30分、開演は午後2時からとなっております。

どうぞお気をつけてお越しくださいますようお願いいたします。

2017年04月18日 「第45回朔太郎忌 どこがヤバイの?朔太郎」を開催します。

平成29年5月14日(日)に「第45回朔太郎忌 どこがヤバイの?朔太郎」を開催します。

チケットは文学館ほかで好評発売中です。遠方の方はお電話でのお取り置きも受け付けております。

詳しくは、企画展・催し物情報をご覧ください。

 

2017年04月02日 萩原朔太郎記念館を一般公開いたします

萩原朔太郎記念館が、敷島公園から広瀬川河畔緑地(市営パーク城東北側)への移築復元を完了し、4月8日(土)から一般公開いたします。

オープニング式典、マンドリン演奏会ともに、どなたでもご参加いただけますので、広瀬川沿いの桜見物も兼ねてぜひお越しください。

なお、当日お越しくださった方には、朔太郎の絵葉書セットをプレゼントいたします。

〇オープニング式典
 日時:平成29年4月8日(土) 10:00~10:30
 場所:朔太郎橋上、記念館前(雨天の場合は、文学館内)

〇前橋マンドリン楽団による朔太郎ゆかりの曲のマンドリン演奏会
 日時:平成29年4月8日(土) 10:30~(式典終了後)
 場所:朔太郎橋上(雨天の場合は、文学館内)

 

DSC08115s

2017年03月26日 「新・郷土の作家たち」開催中です

4月9日(日)まで「新・郷土の作家たち」が開催中です。

本展で「近代詩のふるさと」前橋が生んだ作家たちの業績に触れていただけましたら幸いです。

詳しくは、企画展・催し物情報をご覧ください。

2017年03月14日 朔太郎音楽祭2017演奏会 出演者の募集

平成29年10月15日(日)に前橋市民文化会館で開催される朔太郎音楽祭2017の出演者を募集します。

添付ファイルの募集要項に記載されている応募資格や練習日、応募方法などをご確認いただき、お申し込みください。

募集要項(高校生)

募集要項(一般)

2017年02月15日 『月に吠える』刊行100年! 今日(2月15日)が発行日です。

今から百年前の今日、萩原朔太郎の第一詩集『月に吠える』が刊行されました。

これを記念して、『月に吠える』詩篇、人気ランキングをはじめました。

あわせて、ブログも更新しましたので、ぜひご覧ください。

『月に吠える』詩篇、人気ランキング

前橋文学館ブログ

2016年12月27日 冬の展覧会と年末年始休館日のお知らせです。

特別企画展「第24回萩原朔太郎賞受賞者展覧会 日和聡子 『びるま』から『砂文』まで」と、企画展「はじめて出逢ったあの日へ -教科書の中の萩原朔太郎-」を掲載しました。

詳しくは、企画展・催し物情報をご覧ください。

年末年始のお休みは、12月28日(水)から、1月4日(水)までとなっております。

1月5日(木)より通常開館いたします。

来年も皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

2016年12月01日 パノラマ ジオラマ グロテスク 最終章 【街のなかの本屋】 《らんぽのコドモ コドモのらんぽ》開催です。

 

12月1日から、「街のなかの本屋」がはじまります。

江戸川乱歩の少年探偵シリーズ26冊や世界のからくり絵本をご紹介いたします。

小さなお子さんから大人まで楽しんでいただけるラインナップでお待ちしております。

期間中には、読み聞かせや音楽会のイベントも開催いたしますので、ぜひお越しください。

 

詳しくは、企画展・催し物情報をご覧ください。

2016年11月27日 丸尾末広『パノラマ島奇譚』漫画展を開催します。

 人工の楽園を夢見た男が、巨万の富を手にして作り上げたパノラマ島。

 萩原朔太郎が愛した江戸川乱歩の小説『パノラマ島奇譚』を、漫画界の鬼才 丸尾末広氏が完全漫画化。

 手塚治虫新生賞を受賞したこの作品の中から選りすぐった画を展示します。

 開催中の特別企画展「パノラマ・ジオラマ・グロテスク-江戸川乱歩と萩原朔太郎」の最終章として急遽開催!

 ご期待ください。

 展示日時:平成28年12月1日(木)~平成29年1月9日(月・祝)

 展示場所:前橋文学館 3階オープンギャラリー

  丸尾末広『パノラマ島綺譚』漫画展ポスター

2016年11月07日 「のぞきからくり」がやってくる!

 特別企画展「江戸川乱歩と萩原朔太郎」展の関連イベントとして、「のぞきからくり」(新潟市指定有形民俗文化財)が前橋文学館にやってきます。

 江戸川乱歩の小説『押絵と旅する男』の題材となった「のぞきからくり」は、語り手である口上師が物語を話しながら次々と絵を入れ替えていく「見世物」です。絢爛豪華な元祖3D映像機とも呼称される「のぞきからくり」の展示と貴重な実演をどうぞご覧ください。

場所:前橋文学館1階 

展示日時:11月12日(土)~11月23日(水)9時~17時

       12日は9時30分から組立を見学することができます。

口上師実演:11月12日(土)・19日(土)・20日(日)

        各日とも10時・11時・13時・15時(いずれも予定)から実演となります。

※観覧無料(特別企画展・常設展をご覧になる際は300円が必要となります)

「のぞきからくり」

協力:新潟市巻郷土資料館

企画展・催し物のご案内

対談「時間を生け捕る」

「萩原朔美の仕事展」の関連イベントとして、飯沢耕太郎さん(写真評論家、きのこ文学研究家)と萩原朔美館長との対談を行います。

お申し込みは、お電話(027-231-8501)で承ります。

先着100名様となりますので、お早めにお申し込みください。

期日:2017年6月3日(土)

会場:前橋文学館3階ホール

時間:14時開演(13時30分開場)

参加料:無料

萩原朔美の仕事展s

 

「萩原朔美の仕事展」を開催します。

平成29年4月15日(土)~平成29年7月2日(日)に企画展「萩原朔美の仕事展」を開催します。

詳しくは、企画展・催し物情報をご覧ください。

 

「パノラマ・ジオラマ・グロテスク -江戸川乱歩と萩原朔太郎」記念イベントを開催します。

「パノラマ・ジオラマ・グロテスク -江戸川乱歩と萩原朔太郎」の記念イベント第一弾は、11月5日(土)、美学者の谷川渥さんによる講演「孤独な窃視者の夢想-乱歩と朔太郎」。

そして第二弾は12月18日(日)、江戸川乱歩孫の平井憲太郎さんと、萩原朔太郎孫で当館館長の萩原朔美による対談「猟奇な二人の病気な話」。

お申込み方法など、詳しくは、「江戸川乱歩と萩原朔太郎」展のフライヤーをご覧ください。

(リンク先ページの下の方へお進みください。)

パノラマ・ジオラマ・グロテスク -江戸川乱歩と萩原朔太郎

10月1日(土)にオープンします。

詳しくは、フライヤーをご覧ください。(リンク先ページの下の方へお進みください。)

心にふれる手紙展

※チラシはこちらをクリックしてください。手紙展フライヤー

第44回朔太郎忌 コンサート&シンポジウム

チケット好評発売中です。

詳しくはチラシをご覧ください。

春から初夏のイベント情報(2016年4月~6月)

詳しくは、こちらのチラシをご覧下さい。

GW特別講演会「大阪冬の陣と真田信繁」(4月30日)

チラシはこちらをクリックして下さい。

休館日

水曜日・年末年始
(祝日の場合はその翌日)

観覧時間

午前9時-午後5時

▲TOP