ただ港だけが故郷だ

期間 2022年07月31日(日)
時間 ①午後1時~ ②午後3時~ ※各回30分前開場
会場 3階ホール
参加料 500円
内容 リーディングシアター「ただ港だけが故郷(ふるさと)だ」

お申込み受付中
前橋文学館(027-235-8011)まで

■あらすじ
 大学の文芸部に入部した新入生・三智子は、風変わりな先輩・冬樹と、その恋人の聡子に出会う。冬樹は、萩原朔太郎の対話詩篇「天に怒る」に取り憑かれたような男で、たびたび周囲を巻き込んでは、その一節を朗読している。三智子はそんな冬樹に、真の芸術家の姿勢を感じるが、彼に愛想をつかした聡子は、それが幻想に過ぎないことを告げて去って行く。大学に来なくなった冬樹を三智子が案じていると、冬樹の携帯から着信があった。だが、それは冬樹の父親からの電話であった。

<脚本>
栗原飛宇馬

<潤色・演出>
生方保光

<出演>
鈴木ひかり
郡司厚太
見城由香
大月伸昭
淺原美佐
萩原朔美
備考 ■先着50名
■申込方法:6月5日(日)より電話(027-235-8011)にて受付開始

※新型コロナウィルスの感染拡大状況によって、開催や内容が変更となる場合があります。
ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。
PDF ただ港だけが故郷だPDF

< 一覧に戻る

▲TOP