変な話をしたい。―異界への招待 第28回萩原朔太郎賞受賞者マーサ・ナカムラ展

期間 2021年02月06日(土) ~ 2021年06月06日(日)
時間 9時〜17時(入館は30分前まで)
会場 2階展示室
観覧料 一般400円(高校生以下無料、障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名無料)
内容 “異界を生む”
―詩人マーサ・ナカムラ

 史上最年少で萩原朔太郎賞を受賞した詩人マーサ・ナカムラさんは、「天才と言われる方々がいますが、最年少で受賞したからといって、天才ではないと思います。ただ“異界”を生み出す能力があるのです」と語ります。
 その言葉どおり、彼女の詩集を開いてみると、紙面を舞う言葉たちに吸い込まれるように異界へといざなわれ、詩集を閉じるころにはもうすっかり、“異界”に魅了されてしまうのです。
 どうしてこのような世界を構築できるのか。マーサ・ナカムラさんの受賞作『雨をよぶ灯台』を軸に、過去から現在にいたるまでの足跡をたどり、“異界を生む能力”の秘密に迫ります。

【会期延長!】
6月6日(日)まで会期延長が決定いたしました。
備考 観覧無料の日
・展覧会初日:2月6日(土)、学芸員展示解説日:3月6日(土)、学芸員展示解説日:4月18日(日)、5月30日(日)、展覧会最終日:6月6日(日)

※3月6日(土)の学芸員展示解説は、13時より行います。
所要時間は30分程度です。

※4月18日(日)の学芸員展示解説は、①11時と②14時の2回行います。各回30分程度ど、事前のご予約は不要です。

新型コロナウイルス感染症対策のため、状況によっては展示及びイベント開催内容が変更もしくは中止になる場合があります。
最新の情報はトップページよりご確認ください。
フライヤーPDF

< 一覧に戻る

▲TOP