詩の未来へ―「現代詩手帖」の60年―

期間 2019年04月27日(土) ~ 2019年06月30日(日)
時間 9時〜17時(入館は30分前まで)
会場 2階展示室
観覧料 一般400円(朔太郎展示室もご覧になれます。)
内容 「現代詩手帖」は2019年6月に創刊60周年を迎えます。
 前身の「文章倶楽部」、「世代」を経て、1959年6月に小田久郎氏が創刊した詩誌「現代詩手帖」。他の詩誌が創刊しては終刊する中、時代の変化と共に詩の変化を見つめ、自らも変容しながら、一貫してジャーナリズムの立場で詩と批評の発信を続けてきました。
 本展は、詩人・萩原朔太郎の生地であり、1993年以来最も完成度の高い現代詩に萩原朔太郎賞を贈ってきた前橋において、「現代詩手帖」の60年を振り返る展覧会です。その軌跡をたどりながら、いつも私たちのそばにあることばについて、これからの詩の未来について考えます。
備考 観覧無料の日:4月27日(土)(展覧会初日)、5月19日(日)・6月16日(日)(学芸員展示解説日)
フライヤーPDF 詩の未来へ―「現代詩手帖」の60年―フライヤーPDF

< 一覧に戻る

▲TOP