萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

前橋文学館

第46回朔太郎忌 虹を追ふひと

 「虹を追ふひと」というテーマは、朔太郎の対話詩(劇詩)のタイトルから取ったもので、いつか消えてしまう決してつかまえられないものを それでも追い求めてしまう人、すなわち朔太郎という詩人を表す言葉です。
 第1部はシンポジウムで、「萩原朔太郎をいま、読み直す」をテーマに開催します。出演者は高橋睦郎さん(詩人) 星野太さん(美学者・金沢美術工芸大学講師) 松浦寿輝さん(詩人・フランス文学者・東大名誉教授)。
 第2部はリーディングシアター「ただ港だけが故郷(ふるさと)だ」というタイトルで、朔太郎の対話詩(劇詩)から書き下した作品で、今回初演となります。堀内正美さん(俳優) 柳沢三千代さん(声優) 斉藤佑介さん(俳優)、手島実優さん(地元女優) 萩原朔美館長が出演します。

期 間 2018年05月12日(土)
会 場 昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)小ホール
時 間 14:00~(開場13:30)
入場料 500円
その他 定員600名。
チケットの予約受付は4月2日(月)よりお電話にて前橋文学館まで。
※4月20日(金)から前橋文学館その他プレイガイドにてチケット発売。

休館日

水曜日・年末年始
(祝日の場合はその翌日)

観覧時間

午前9時-午後5時

▲TOP