萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

前橋文学館

阿部智里さん×萩原朔美館長のトークイベント「言葉とは、魔法使いの杖なのだ」

〈若い芽のポエム〉20年記念展・記念トークとして、作家・阿部智里(あべ ちさと)さんと萩原朔美館長のトークイベントが開催されます。
2012年、史上最年少の20歳で松本清張賞を受賞した、前橋出身の阿部智里さんは、「第9回詩のまち前橋 若い芽のポエム」中学生の部・美棹賞(金賞)受賞していらっしゃいます。
阿部さんがファンタジー作家になるまでや、昨年第6弾で第一部が完結した「八咫烏(やたがらす)シリーズ」について、若い芽のポエムの思い出、故郷前橋についてなど、萩原朔美館長が様々なお話を伺います。
(写真提供・文藝春秋)
期 間 2018年02月11日(日)
会 場 前橋文学館3階ホール
時 間 開演14時(開場13時30分)
入場料 無料
その他 お問い合わせ・お申し込みは1月5日(金)から、お電話で前橋文学館まで。(027-235-8011)
定員100人

休館日

水曜日・年末年始
(祝日の場合はその翌日)

観覧時間

午前9時-午後5時

▲TOP