萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

前橋文学館

施設案内

前橋文学館について

 詩人萩原朔太郎は口語自由詩を確立し、近代詩史に大きな足跡を残しました。他に平井晩村、高橋元吉、萩原恭次郎、伊藤信吉ほか多くの詩人を輩出した前橋は「近代詩のふるさと」と言われています。前橋文学館は、これら詩人たちの資料を展示し、特に朔太郎資料は原稿など全国一の質と量を有します。

 また常設展のほか企画展が多く開かれ、前橋市が贈る萩原朔太郎賞の受賞者展も行っています。館周辺の広瀬川河畔緑道には多くの詩碑があり、格好の文学散歩コースとなっています。

 

常設展示室

朔太郎展示室

朔太郎展示室では前橋が生んだ近代詩の巨星・萩原朔太郎の生涯や業績、趣味や友好関係などを、ノート、自筆原稿、書簡、著書、雑誌、写真、書跡、愛蔵品により紹介しています。また、「詩のステージ」では朔太郎詩の朗読が映像とともに楽しめ、また朔太郎自身による朗読も聞くことができます。

展示室入口 展示萩原朔太郎の生涯を紹介室入口  
展示室入口 萩原朔太郎の生涯を紹介  
朔太郎デザインの机と椅子 朔太郎愛用のギター(手前) 詩のステージ
朔太郎デザインの机と椅子 朔太郎愛用のギター(手前) 詩のステージ

映像展示室・詩の窓

映像展示室では常設展示のガイダンスとして「前橋の風土と文学」(18分)、「萩原朔太郎の業績と生涯」(18分)がご覧いただけます。また1階から2階へ続く階段には「詩の窓」萩原朔太郎、山村暮鳥、平井晩村、萩原恭次郎、高橋元吉、室生犀星の6人の詩人の詩が風景写真とともに紹介されています。

 

映像展示室 詩の窓
映像展示室 詩の窓

 

施設概要

4階

館内マップ4Fs 文学とのかかわりをさらに深める調査・研究活動をバックアップするのが4Fの諸施設です。朔太郎関係を中心に文学館所蔵の第一級の資料を直接利用できる資料閲覧室、講座・研究会・会議などに適した研修室、情報処理室も備えています。
4F 4F 研修室
45㎡
30人収容

※3Fホールには控室等がないため、着替え場所や荷物置き場などが必要な場合こちらの研修室を利用することもできます。(有料)

3階

館内マップ3Fs 3Fは、総合文化スペースです。コンサートや映画会、講演などの文学の枠を超える芸術文化事業の会場となるホール、拡大企画展示のほか市民主催の写真展や絵画展などにも開放するオープンギャラリーで、より広く開かれた文学館を目指しています。
3F 3F オープンギャラリー
150㎡
3F ホール 120㎡  130人収容
3F
客席
3F
客席
3F
プロジェクター使用時

2階

館内マップ2Fs 2Fは、常設展示スペースです。「朔太郎展示室」は、日本近代詩の巨星・萩原朔太郎が残した自筆原稿やノート、著作から遺品までを一堂に集め展示しています。また「企画展示室」では特色ある展示を行います。

1階

館内マップ1Fs 1Fは、文学館へのプロローグです。映像をとおして詩のまち前橋の風土や文化、ゆかりの詩人たちを紹介する「映像展示室」、展示図録や書籍、各種のグッズをそろえた「ミュージアムショップ」などがあります。

休館日

水曜日・年末年始
(祝日の場合はその翌日)

観覧時間

午前9時-午後5時

▲TOP