萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

前橋文学館

前橋文学館ブログ

2017年12月26日 「ヒツクリコ ガツクリコ」展のもとになった詩

 10月20日よりアーツ前橋と共同でお送りしている企画展「ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所」の会期も残すところあとわずかとなりました。現在展示中である、本展タイトルの元となった詩のノートはもうご覧になって頂けたでしょうか?

1120blog7 

 

 「ヒツクリコ ガツクリコ」というのは酔った詩人が前橋の街を歩いていく様子を表した擬態語で、独特の響きを持っています。こちらは、未発表詩篇などが収録された『萩原朔太郎全集』第3巻(筑摩書房)中に収められた詩篇ですが、同じく『萩原朔太郎全集』第12巻に収録された「ノート一」の記述によると、朔太郎は雑誌「侏儒(こびと)」1月号にこの詩を寄稿したと書いています。

 

(前略)

 侏儒一月号の詩稿一篇同封しておきました。

 流石、のんだくれの探偵詩人プロテヤ氏が肉身ランヱの疾患の極に達してニカハをふみつけたので、霊肉共に憔悴困惑して居るところを侏儒の諸君と前橋の市民等がエノ木マチの一角で指さし嘲笑して居る光景です。題を「夕やけの路」としました。悲惨なる頽廃、デカダン行路の象徴です。

 

 「のんだくれの探偵詩人プロテア」とは、1913年公開のフランス連続映画「プロテア」の主人公である女探偵プロテアに影響されて、朔太郎が名乗っていた名です。映画は同年12月1日に日本で初公開され、朔太郎は1914(大正3)年7月に観に行き、犀星とともに熱狂しました。

 「侏儒(こびと)」(侏儒社)とは1914(大正3)年8月に前橋で発行され、1915(大正4)年に終刊した詩歌雑誌で、誌名は朔太郎が命名しました。朔太郎のもとに集った若い歌人たちが中心となって刊行され、朔太郎は指導者的な立場であったといいます。同人は北原放二、木下謙吉、金井津根吉、河原侃二、梅沢英之助、奈良宇太治、倉田健次ら。ほかに北原白秋、室生犀星、山村暮鳥、前田夕暮、尾山篤二郎らも作品を発表しています。このように充実した執筆陣と内容で、群馬の近代詩歌における先駆的な役割を果たしました。編集発行人は梅沢英之助で、「ノート一」の中にも「梅沢君」の名前が見られます。

 酔っ払いの上に膠を踏みつけて、危うい足どりで町を歩いていく描写からは、朔太郎流のニヒルなユーモアとリズムを感じますね。

 

 会期終了も差し迫った中ではありますが、前橋文学館は12月27日より1月4日まで休館とさせて頂きますのでご来館の際はお気を付けください。皆様、よいお年を!

2017年12月22日 一部展示替えを行いました

 12月16日より常設展の一部を展示替えし、新たに発見された朔太郎の2つの書簡を展示いたしました。歌人であり詩人の正富汪洋宛のこちらの書簡は、当時の詩壇への朔太郎の認識と熱意が鮮明に見て取れる貴重な資料となっています。

 正富汪洋は1881(明治14)年生まれ。車前草社同人として詩、短歌に活躍しました。詩作は生涯にわたり、同郷の詩人であり呉文学者の矢野峰人をして「奔放のうち脱俗の趣あり、哲人的風格を帯ぶ」と評される自由な詩風で大正中期から多くの詩集を刊行。晩年は日本詩人クラブの発展に尽くしました。没後、1969(昭和44)年には木犀書房から『正富汪洋全詩集』が刊行されています。

 

 朔太郎は1918(大正7)年3月に発刊された正富汪洋主宰の新雑誌「新進詩人」の発展が既存の詩壇のありかたに一石を投じるものとして大きな期待を寄せており、同誌に散文「詩の概念」を寄稿しました。この手紙の中でも汪洋を称賛し、「できるだけの御手つだひをさせていただきたいと思ひます」「あなたの花々しい奮闘を私は心から期待してゐます」とエールを送っています。この頃の朔太郎は前年の1917(大正6)年2月に刊行した詩集『月に吠える』が認められていた時期で、意気軒昂とした様子がうかがえます。

 また朔太郎が手紙の中で「お根性」という、意地が悪いことを指して言う群馬県の方言を使用しているのも大変興味深いかと思います。この機会に、ぜひ間近で現物をご覧ください。

 

1200仮blog1

2017年12月21日 文学館のクリスマス

 師走とはよく言ったもので、あっという間に12月も半ばを過ぎ、日ごと深まる寒さに、本格的な冬の訪れを感じています。

 クリスマスシーズンの到来に併せて、前橋文学館前の朔太郎さんも、今だけはオシャレにクリスマスの装いで澄ましています。文学館ロビーには少し前から白いツリーが飾られ、4階のBOXY屋台もいつもと違った飾りつけで皆様をお出迎えしています。

1221仮blog1 1221仮blog2

 

 朔太郎が生きた時代にもクリスマスを楽しむ風習はあったようで、朔太郎は詩と随筆に、それぞれ「クリスマス」「クリスマスの悲哀」などを残しています。

 

クリスマス(「令女界」昭和2年12月号より)

 

クリスマスとは何ぞや

我が隣の子の羨ましきに

そが高き窓をのぞきたり。

飾れる部屋部屋

我が知らぬ西洋の怪しき玩具と

銀紙のかがやく星星。

我れにも欲しく

我が家にもクリスマスのあればよからん。

耶蘇教の家の羨ましく

風琴の唱歌する声をききつつ

冬の夜幼なき眼に涙ながしぬ。

 

 幼い子どもが、隣家の窓辺からクリスマス飾りできらびやかに彩られた暖かな家庭を、目に涙をためながら覗いているというなんとも切なく、それでいて愛らしい様子が目に浮かぶようです。クリスマスらしく華やかで賑やかな内容…という発想にはいかないところが、朔太郎さんならではといったところでしょうか。

また「クリスマスの悲哀」(1936(昭和11)年に東京朝日新聞掲載)には

 

“クリスマスで町が賑はつてゐる。キリスト教徒でもない日本人がクリスマスを祝祭するとは何事だらう。”

 

などと書かれていることから、萩原家ではクリスマスを祝う風習は特になかったのかもしれません。「クリスマスの悲哀」からは朔太郎がクリスマスに複雑な思いを寄せていることがうかがえます。

 

 さて、そんなクリスマスに関してですが、前橋文学館では12月23日に前橋高校の音楽部によるコンサートが開催されます。詳細はイベントページよりご確認いただけます。高校生による力強く伸びやかな合唱、アカペラ、クリスマスソングなどをぜひお楽しみください。

1221blog3
  /  メリークリスマス!  \

 

1 / 11

月別アーカイブ

休館日

水曜日・年末年始
(祝日の場合はその翌日)

観覧時間

午前9時-午後5時

▲TOP