萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

前橋文学館

前橋文学館ブログ

2017年05月18日 第45回朔太郎忌へのご来場ありがとうございました。

 5月14日に第45回朔太郎忌「どこがヤバイの?朔太郎」が執り行われました。

 会場は満席となり、チケットは完売で改めて皆様の朔太郎への関心の高さを感じることができました。

 

 第一部のシンポジウムでは、「『月に吠える』とは何だったのか―日本の詩歌の百年」と題して、出演者に作家・評論家の高橋源一郎さん、歌人の穂村弘さん、詩人・作家で萩原朔太郎研究会会長でもある松浦寿輝さんに異なるジャンルから見た朔太郎の「ヤバさ」を論じて頂きました。

 「詩」とは何か。朔太郎が確立したと言われる「口語自由詩」の本当の意味とは。朔太郎の詩作は何が新しかったのか。独特の擬音として表出される朔太郎の聴覚の鋭さについて。小説と短歌も交えた同時代の文士たちの作風とも比較しながら、朔太郎が詩作にもたらした新しさや衝撃を多角的に紐解いてくださいました。

0518 blog3

 

 

 第二部では、長谷川初範さん(朔太郎役)、林健樹さん(犀星役)、柳沢三千代さん(少年役・ナレーション)と当館館長萩原朔美(白秋役)によるリーディングシアターが開催されました。

 現代を生きる高校生の思いと100年前の朔太郎の言葉とが交差する構成となっており、朔太郎が今なお愛され、読み継がれていく一例を垣間見たかのような、そんな気持ちになりました。多くの詩と書簡を下敷きにした脚本と演者の熱演によって立ち上がった『月に吠える』の世界を臨場感たっぷりにお楽しみいただけたことかと思います。

0518 blog2

 

 

 『月に吠える』刊行100周年にあたる本年にこのように多くのお客様にご来場いただき、同作品にクローズアップした催しを開くことができたことのありがたさを感じた一日でした。

0518 blog1

 

 

 

2017年05月15日 『月に吠える』詩篇人気ランキングの中間発表です!

 今年は『月に吠える』刊行より100周年の節目となっています。そこで当ホームページでは、朔太郎及び『月に吠える』のファンである皆様にお気に入りの詩をお聞かせ願いたく、詩篇の人気ランキングを実施中です。刊行日である2月15日より始まったこちらですが、早くも折り返し地点と言うことで、本日はランキング上位の中間発表をさせて頂きたいと思います。

 

第1位  猫

第2位  さびしい人格

第3位  恋を恋する人

第4位  殺人事件

第5位  竹(光る地面に竹が生え、)

第6位    内部に居る人が畸形な病人に見える理由

第7位    天上縊死

第8位    ばくてりやの世界

第9位    およぐひと

第10位  五月の貴公子

 

 このような結果となっています!

 現在ほかを突き放して第1位は「猫」。朔太郎独自のオノマトペで表現された「おぎやあ」「おわあ」猫の声や、「ここの家の主人は病気です」という、はっとする結びなど、短い詩ながら強い印象を残す作品です。ファンタジーのようなホラーのような、それでいてユーモラスなこの一篇は、多くの人に指示される要素を持っているようです。

 第2位の「さびしい人格」は、『月に吠える』の中ではおそい時期に書かれました。短い言葉によって鮮烈なイメージが浮かぶ前半の詩と比べると長い作品です。柔らかな言葉で表現された「見知らぬ友」への憧憬が、読者の心に届くのでしょうか。

 第3位は「恋を恋する人」。『月に吠える』はこの詩と「愛憐」により危うく発禁処分となるところでしたが、2篇を削除することで発禁をまぬがれました。女装、草木姦淫といったモチーフを描いてなおせつなく美しい作品です。

 第4位以降は、「殺人事件」「竹(光る地面に…)」「内部に居る人が畸形な病人に見える理由」「天上縊死」と、これぞ『月に吠える』という作品が並んでいますが、第7位「ばくてりやの世界」は顕微鏡でのぞいたようなミクロの世界。この不思議な作品も、意外にファンが多いようです。

 

 投票は7月31日まで受付中です!また、皆様からのコメントも随時募集中ですので、選んだ詩にこめられた思い出などもコメントフォームよりぜひお聞かせくださいませ。皆様のご参加をお待ちしております。

 

0515 blog

2017年05月11日 本日は萩原朔太郎の命日です。

 今から75年前の本日、詩人萩原朔太郎は肺炎のため亡くなりました。生涯の親友であった室生犀星は、その死に際し以下の詩を残しています。

 

「やあ。」                                                                

われわれはこんなふうに                                         

冒頭の言葉を置いて行きあひ、                           

そしてまもなくだまつて盃をなめ合ひ、           

いがみあひ、                                                           

ののじりあひ、                                                        

そしてまもなく失敬といつて                                

いつも街角で別れた。                                           

卒気なく                                                                  

みれん気もなく                                                       

ちつとも面白くなく                                                

親友らしく見えず。                    「親友」
                          

 

 

はらがへる

死んだきみのはらがへる

いくら供へても

一向供物はへらない

酒をぶつかけても

きみは怒らない。

けふも僕の腹はへる、

だが、きみの腹はへらない。       「供物」
 

 

 他にも、博文社から出版された『我友』(1943年7月)には、朔太郎を偲んだ詩がこの2篇を含めて21篇ほど収録されています。通して読んでみると、もっとも身近に親しみ合った友である犀星だからこそ持ちえた朔太郎への想いと感慨が伝わってきます。また、「供物」は「四季」萩原朔太郎追悼号(1942年9月号)の巻頭を飾りました。

 朔太郎の命日を受け、今年ももうすぐ朔太郎忌を迎えます。親友だった朔太郎と犀星、そしてふたりの師である北原白秋とのやりとりをリーディングシアターとして起こした「『月に吠える』を声で立ち上がらせる」を、5月14日に開催します。

 今日の夕べは朔太郎の詩集を開いて、朔太郎や親友・犀星らとの交流に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 

0511BLOG

 

2017年05月05日 朔太郎とこどもの日

 今日は端午の節句ですね。どうやら文学館前の朔太郎さんも、兜をかぶって童心に帰っているようです。

 さて当館に収蔵されている朔太郎遺品のひとつに、端午の節句に飾られるのぼりがあります。その豪勢なこしらえからは、我が子の健やかな成長を願った両親の愛の深さがうかがえますね。

 また幼少期の朔太郎について、『萩原朔太郎全集』第15巻にはこういった姿が伝えられています。

 

“朔太郎三、四歳ころの話として、弟彌(や)六は、萩原家の前の家に久野おいとさんという人がおり、その家には美しいジュウタンが敷かれ、タンスのうえに美しい液体の入った珍しい型の瓶が並び、柱に鳩時計が鳴り、万華鏡のような空気ランプが灯されていた。その家である時オルゴールを聴いた朔太郎は、なんとしてもそれを手離さなかった。そのため横浜あたりまで探して、英国国歌(ゴッド・セーブ・ザ・キング)の鳴るオルゴールを買って与えた”

 

 幼少期に彼が見た夢のような光景が、宝物となってその後の作風にも深く影響しているのではと思わせるエピソードですね。

 

 文学館はゴールデンウィークも変わらず開館中です。いつもと違った様子の朔太郎さんと一緒に記念撮影してみてはいかがでしょうか。

 

0504-BLOG

0504-BLOG

2017年05月02日 文学館前は散策日和です。

 今年度が始まって、早いもので五月になりました。薫風の候、いかがお過ごしでしょうか。当館では現在、萩原朔美館長の就任1周年を記念した「萩原朔美の仕事展」を開催中です。当館の館長の愛すべき一面と、枠にはまらないユニークな仕事ぶりをぜひお楽しみください。

 さて五月といえば、朔太郎の詩にも「五月の貴公子」と言う作品がありますのでここにご紹介させていただきます。

 

若草の上をあるいてゐるとき、

わたしの靴は白い足あとをのこしてゆく、

ほそいすてつきの銀が草でみがかれ、

まるめてぬいだ手ぶくろが宙でをどって居る、

ああすつぱりといつさいの憂愁をなげだして、

わたしは柔和の羊になりたい、

しつとりとした貴女のくびに手をかけて、

あたらしいあやめおしろいのにほひをかいで居たい、

若くさの上をあるいてゐるとき、

わたしは五月の貴公子である。

 

 緑の芽吹く五月の風をかおりを一身に受けるような、さわやかな情景が浮かびますね。

 文学館前も今は柳の葉が新緑を青々となびかせて、先月8日に移築が完了した朔太郎生家が賑わいを見せています。皆さんもぜひそんな河畔を散策して、五月の貴公子の気分を味わってみてはいかがでしょうか。

文学館ブログ用

1 / 11

月別アーカイブ

休館日

水曜日・年末年始
(祝日の場合はその翌日)

観覧時間

午前9時-午後5時

▲TOP