萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

前橋文学館

前橋文学館ブログ

2015年09月11日 この土曜、日曜も特別企画でお待ちしています      *無料です

9月12日〈土)14:00「音の文」OTO  NO  AYA SPECIAL2 

 高橋在也さんが文学館ホールで奏でる詩と音楽の調べ。夏の章、秋の章、冬の章、春の章と2年前から重ねてきた「音の文」。昨年開催したSPECIALに続いてお送りするのが今回のSPECIAL2です。今回は、中原中也の詩作品からステージが始まります。折しも前橋文学館では、10月17日〈土)から特別企画展「中原中也と萩原朔太郎」を開催しますが、今回の高橋在也さんの演奏は、まさに特別企画展の序章になると思います。

 文学と音楽の出会いのひととき、文学館ホールで特別な土曜日の午後をお過ごしください。

9月13日(日)14:00 講演会「朔太郎 ・暮鳥の詩的出発をめぐって」

 鹿児島県立短期大学の竹本寛秋先生を講師にお迎えしてお送りする開館記念講演会です。竹本先生は、山村暮鳥を深く研究されている方ですので、暮鳥とのかかわりから朔太郎のことについて興味深いお話をお聞きできると思います。萩原朔太郎のことは、あまり詳しく知らないのだけれども・・・・・・という気持ちを抱いている方々にもぜひお聞きいただきたい講演会です。この機会に一緒に学びましょう。皆様のご出席をお待ちしております。

 日曜日の午後、充実したお時間を文学館ホールでお過ごしください。

 

2015年09月05日 開館記念特別企画、明日も開催します!

ゴンドラ洋楽会再現演奏会 9月6日(日)14:00開演 3階ホール

 萩原朔太郎が「ゴンドラ洋楽会」を組織したのは、大正4年(1915年)の9月ころでした。今年は、それから100年目に当たります。今回の演奏会は、第1回目の音楽会を中心に大正3年から大正5年にかけて演奏された曲を再現します。文学館のホールに大正の調べが流れます。前橋文学館でいつもとは少し違った日曜日の午後をお過ごしください。皆様のご来場をお待ちしております。

 

 出演 前橋マンドリン楽団 前橋文学館友の会「楽しく歌う会」 他

 解説 前橋文学館 高橋専門員

2015年09月04日 明日、開催です! 萩原朔美氏と三浦雅士氏による対談

☆ 明日、9月5日(土)14:00から 3階ホールで開催します!

 映像作家・萩原朔美氏と文芸評論家・三浦雅士氏が対談します。

 対談のタイトルは、「孫が語る萩原朔太郎」。 

 萩原朔美氏は、萩原朔太郎のお孫さんです。

 三浦雅士氏は、萩原朔太郎研究会の会長です。

 期待の対談が実現します。

 皆様、ぜひ、聴きにお越しください!

 

1 / 11

月別アーカイブ

休館日

水曜日・年末年始
(祝日の場合はその翌日)

観覧時間

午前9時-午後5時

▲TOP