萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

前橋文学館

施設利用案内

開館時間

朔太郎展示室  資料閲覧室 午前9時~午後5時
2階展示室 午前9時~午後5時 ※入室は午後4時30分まで
ホール オープンギャラリー 研修室 午前9時~午後9時

休館日

水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始その他規則等で定める日

利用料金

観覧料

常設展示観覧料(2007.4.1改定)

一般・大学生 100円
高校生以下 無料
  • 特別企画展開催の場合は別料金となります。
  • 各種障がい者手帳をお持ちの方とその介護者は無料。

館使用料

  午前 9:00-12:00 午後 13:00-17:00 夜間 18:00-21:00
ホール 1,810円 2,410円 1,810円
オープンギャラリー 1,690円 2,260円 1,690円
研修室 1,000円 1,350円 1,000円
  • 準備時間:半額(使用当日のみ)
  • 入場料等を徴収する場合:30%増

ホール等の利用案内

利用許可の範囲

1 使用を許可するもの

  • 文学に関する活動及び研究事業
  • 芸術・文化活動事業
  • その他館長が認めるもの
  • 講演会、研修会、読書会、美術展、写真展、書道展、映画会、音楽会、演劇
  • その他上記に類するもの

2 使用を制限するもの

  • 営業活動
  • 政治活動
  • 宗教活動
  • 宣伝・展示販売行為
  • その他適正でないと認めたもの

ホール利用に対する制限

当館が観覧者を中心とした施設であり、ホールが防音・消音設備なしであることから、以下のものについてご利用を制限しております。

利用を禁止する催事 打楽器、金管楽器、電気楽器等大きな音の出るものを使用する催し
受付時に職員と調整が必要な催事 ピアノや弦楽器を中心とした比較的音量の大きくない発表会・コンサートなど

詳しくは当館まで直接お問い合わせください。 水と緑と詩のまち前橋文学館 TEL.027-235-8011 FAX.027-235-8512

利用の申込み

1 申込み受付時間

開館日の午前9時~午後5時です(原則:水曜休館日)

2 申込み方法

直接ご来館くださいますようお願いいたします。

申し訳ございませんが、電話・郵送でのお申込みは受け付けておりません。

3 申込み受付期間

ご利用日の属する月の6ヶ月前から14日前までの間。(2016.5.1改定)

4 受付順位の抽選

受付開始日(毎月1日、但し休館日に当たる場合は翌日)に午前9時までのご来館者で抽選を行います。 9時以降は先着順に受け付けいたします。

5 利用期間

引き続き利用できる期間は原則として次の通りです。

ホール 3日間
オープンギャラリー 7日間
研修室 3日間

6 休館日

毎週水曜日(水曜が祝日の場合は以後で最も近い祝日でない日) 12月29日~1月3日 ※なお、設備保守等のため臨時に休館することがあります。

7 開場時間

午前9時~午後9時

8 利用内容の提示

申込みの際、催しの内容、入場料金、入場方法、開演、終演時間など具体的な内容を記入いただきますので、あらかじめご用意ください。 初めて申し込まれる方には、参考として過去に実施したプログラム等を提出していただくことがありま す。

9 利用時間

仕込み(準備)、後片づけに要する時間も含みますので、時間の配分に十分留意して企画を立ててくださいますようお願いいたします。

10 許可と使用料

利用時間の区分と使用料は別掲の通りです。 使用料は利用許可と同時に納めていただきます。 なお、納付された使用料は原則としてお返しいたしません。

11 利用許可書の交付

利用許可書は使用料の納付と引き替えにお渡しいたします。

12 利用許可の取り消し

次の場合は利用の取り消し又は中止することがあります。

      • 偽りその他不正の手段により利用許可を得たとき
      • 利用許可の条件に違反したとき
      • 条例及び規則に違反したとき
      • 災害その他の事故により、利用ができなくなったとき

13 利用権の譲渡等の禁止

利用許可を受けた施設や設備を目的外に利用したり、利用権の譲渡・転貸はできません。

14 利用中止等の時

いったん納めた使用料は利用者の都合で取り消してもお返しできませんのでご留意ください。 ただし、次に掲げる事由により取り消しを申し出て認められたときは、全部又は一部をお返しいたします。(2016.5.1改定)

利用者の責めに帰さない理由で利用できなくなったとき 全額
利用期日前14日までに取り消した場合 50%相当額
利用期日前14日までに変更した場合 過納額の50%相当額

利用の前に

1 打ち合わせ

ホール、オープンギャラリーを利用するときは、ご必要に応じて、利用日の1ヶ月前から10日前までに舞台、設備、警備などについて係員とお打ち合わせください。 催し物のプログラム、入場券(見本)などは、打ち合わせ日までにご提出ください。

2 関係官庁への届け出

ホール等の利用について、催し物の内容により次の関係官庁に届け出をしてください。

催し物開催届

前橋広域消防本部 (TEL027-220-4500) 前橋市朝日町四丁目22-2

入場税          入場券発売前

前橋税務署 (TEL027-224-4371) 前橋市表町二丁目16-7

警備

前橋警察署 (TEL027-252-0110) 前橋市総社町1-9-3

3 広告

ポスター、チラシ、入場券等には責任の所在を明らかにするため、利用の許可を受けた団体名等を主催者としてご明記ください。 ポスター、チラシは事前に持参いただけば、調整して館内等に掲示いたします。

4 施設利用に必要な人員等

ご利用に際しては、必ず会場責任者をおいてください。また、入場 者の整理や案内、放送、もぎり、接待などに必要な人員及び、舞台、照明、音響の要員は、利用者側でご手配ください。なお、事故などの責任は、利用者側で負っていただきますのでご了承ください。

5 音響器具等の持込

音響器具その他の器具を搬入する場合は、その種類、数量、搬入月日などを事前に連絡し、許可を受けてください。また、終了後は次のご利用者のために直ちに搬出してください。

6 利用者側で準備するもの

事務用品などは利用者側で準備してください。

7 その他遵守事項

以下の事項について、入場者への案内も含めてお守りくださいますようお願いいたします。

      • 定員を超えて入場させないこと
      • 入場者の安全を確保すること
      • 文学館内外の秩序維持のため必要な責任者及び整理員を配置すること
      • 許可を受けないで火気を使用しないこと
      • 指定場所以外で飲食又は喫煙しないこと
      • 許可なく物品の展示若しくは販売又は広告類の展示若しくは配布をしないこと
      • 施設等を破損し、又は汚損する恐れのある行為をしないこと
      • 許可を受けないで火気を使用しないこと他人に危害を及ぼし、若しくは他人に迷惑となる行為をし、又はこれらの恐れがある物品を携行しないこと
      • その他管理上必要な指示に反する行為をしないこと

利用に当たって

1 利用許可書の提出

当日、部屋利用の前に許可書を事務室に提出し、終了時に係員から受領してください。

2 利用時間

許可された利用時間には「準備(仕込み)」から「後片づけ」までの時間を含みますので、時間内終了を厳守してくださいますようお願いいたします。

3 館内管理

お手洗い、非常口等を事前に確認し入場者にご周知ください。 施設を汚さないようにご配慮をお願いいたします。なお、汚された場合には利用終了時までに清掃をお願いしております。

4 原状回復

施設の使用終了後は、施設及び付属施設などを原状に回復し、係員の点検をお受けください。 施設設備などを毀損又は滅失したときは、損害賠償していただきます。 また、生花の贈呈など花台付きで搬入されたときは、受け取り時に花屋さんなどに対し、終了後速やかに台を引き取るようご指示をお願いいたします。

5 観客等入場者の整理

開場時間前の入場者の整理は利用者側の責任で行ってください。

6 作品の搬入・搬出

作品の搬入・搬出はご利用時間内で行ってください。

7 展示品の管理

利用時間内の管理は利用者側の責任で行ってください。 利用時間外の館側の善良な管理のもとにあっての事故等については、文学館では責任を負いかねます。

8 特別な設備等

特別な装飾、設備等を設置するときは、事前に許可をお受けください。

9 机いす等の配置

机いす等の配置は利用者側で自由に行っていただいて結構ですが、利用後はもとにお戻しください。

10 湯茶接待等

湯茶接待用具等の用意はありませんので、飲食が必要な場合には1階の喫茶室をご利用ください。なお、 原則として館内での飲食は認めておりませんが、研修室を楽屋として使用される場合には、認める場合もありますのでお申し出下さい。

11 その他

主催者、行事内容など問い合わせがあった場合、会場使用責任者のご連絡先を伝えることがありますので、あらかじめご了承ください。

休館日

水曜日・年末年始
(祝日の場合はその翌日)

観覧時間

午前9時-午後5時

▲TOP