萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

前橋文学館

館長のご挨拶

館長写真 前橋文学館館長に就任して
―文字と出逢う場所を作る―
萩原 朔美

 初めて前橋を訪れたのは、敷島公園にある朔太郎の詩碑の除幕式です。小学生の私が白い布の端を引っ張る役を仰せつかり、とても緊張したのを覚えています。

 その小学生が今年で七十歳になり、しかも、前橋文学館の館長になるのですから、人生何が起こるか分かりません。布を引っ張っぱった時と同じように、緊張しています。

 文学館は文字との出逢いの場所です。心を揺り動かされる言葉といかに多く出逢ってもらうのか。

 文学館は建物のことではありません。文学館は出来事です。その意味では、前橋のあらゆる場所が文学館になりうるのです。

 文字離れと言われる今、文学館の役割はとても重要です。

 「言葉は人間が作ったものだけれど、それ以上に言葉によって人間は作られている」からです。言葉を粗末に扱うということは、人生を粗末に扱うことです。

 前橋文学館で出逢った言葉や出来事によって、人生がより深い味わいあるものに変貌する。そんな文学館にしていきたいと、今強く思っています。

休館日

水曜日・年末年始
(祝日の場合はその翌日)

観覧時間

午前9時-午後5時

▲TOP